スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【東方考察】幻想郷の地図を考える(4)

どうも。

ちょっと期間が空きましたが第4弾です。

前々回は「幻と実体の境界」以前の人里の産業・収入事情を、
前回は「幻と実体の境界」前後の人里の変化を考察しました。

それらを踏まえて今回は、「境界」による閉鎖が幻想郷の食糧事情にどう影響したかを考え・・・るつもりだったんですが、ちょっと行き詰まりというか、はっきりさせておかないといけないことをスルーしていた事に気付いたので先にそちらを片付けたいと思います。

それはズバリ、「妖怪と人間の関係」です。

今までは漠然と捕食者と被捕食者、紫は別枠というノリで書いてきてたんですが、これがどうも拙かった。

リアルな幻想郷を考える上で、こんな適当な関係性では幻想郷が足元から崩れてしまうという事に気が付きました。割と早い段階で気付けてラッキーでした。


ではまず、そもそも「妖怪」とは何なのかを見ていきます。

予め述べておくと、現代以前、「妖怪」は妖怪とは殆ど呼ばれていませんでした。詳しくは昭和以降の妖怪研究の本を読んでください。

基本的に私は昭和以前に「妖怪」が妖怪と呼ばれている記述には問題があると思っていますが、便宜上全て妖怪と表記します。

重要なのは東方的視点から見た「妖怪」の中身です。

『紅魔郷』以降の登場キャラをちょっと分類してみました。(『史紀』の分類は一部参考)
分類の方法は

┌人間
    ┌神
└非人間
    └非神=妖怪

という大雑把な分類ですが、東方においてはこれで問題ない、というかこれが正解だと見ました。何かと分類しにくい仕様になっている東方キャラを、非常に明快に分類できます。

「妖怪」
妖獣(∈妖虫)、獣人(半獣)、妖精、幽霊(∈怨霊)、亡霊、付喪神、死神、天狗、河童、鵺、土蜘蛛、鬼、吸血鬼、悪魔、魔法使い、覚、座敷童、雪女、山彦、竜宮の使い、釣瓶落とし、橋姫、火車、地獄鴉、入道、舟幽霊、僵屍、龍、雷獣、ツチノコ、ホフゴブリン、憑き物(管狐)、分類不可(ルーミア、美鈴、幽香、一輪、本読み妖怪、紫)、(半人半妖(霊))、(龍神)

「神」
神霊(∈八咫烏)、(八百万の)神、厄神、仏神(∈閻魔)、(現人神)、(龍神)

「人間」
月人、仙人(∈邪仙、尸解仙)、天人、不死人(≒蓬莱人)、(半人半妖(霊))、(現人神)、その他の人間

興味深いのは、分類を難しくする存在があまりにも多いという点です。ZUN氏は狙ってやってるんじゃないかと。

「妖怪」とされているのは「神仏を除く人間でないモノ」であり、現代人の通俗的な"妖怪"に、西洋の通俗的な怪物や精霊、さらに魔法使いを加えたものです。

この「非人で非神」のブラックボックスたる「妖怪」は、これ以上二項対立的に分類しようとすると躓きます。

ゆえにこの漠然とした「妖怪」と、「人間」、それも上の分類における「その他の人間」をメインに「妖怪と人間の関係」を見ていかなくてはなりません。

もちろん「捕食者と被捕食者」は間違いです。というより、「そういう一面もある」だけです。

これを考えていくには、「妖怪」の最大公約数的な特徴を挙げていくのが近道でしょう。実際にやってみます。

・人を襲う(殺す、食べる、憑く)、化かす(驚かす)など、人に害をなす
・人が恐れる、或いは疎む(→幻想郷では 人が積極的に退治したいと望む)
(例外的に座敷童・ホフゴブリンはこれに当て嵌りません。)


これだけです。ですが幻想郷では最も重要な特徴であり、関係なのです。

どうしてか?幻想郷が妖怪の為の世界だからです。

妖怪とは元々イマジナリーな存在です。「何にとって」想像的かといえば、人間にとってです。

この想像的存在が一人歩きして実体をもったのが、幻想郷的、東方的「妖怪」ですね。

しかし実体が在っても無くても、「妖怪」は人間との関係なしには存在できない。

まさしく東方世界の根幹の説明がこれです。



次回は、"例外"や「妖怪の賢者」についての考察と時代別のこの関係性の変遷を見ていきます。


続く

スポンサーサイト

テーマ : 東方プロジェクト
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鈴屋弥平

Author:鈴屋弥平
東方考察(妄想)がメインテーマ。
pixivに投稿した絵の評価がやっと100点に乗った程度の画力
リンク、引用はご自由に。ひとこと添えてくれるとちょっと喜びます。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ランキング
にほんブログ村 ゲームブログ 東方Projectへ
にほんブログ村 漫画ブログ 百合漫画へ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
アフィリエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。