スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つぶやき

22歳になりました。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 雑記
ジャンル : その他

百合語り、2013年2月の百合

どうも弥平です。

もう三月も半ばですが、先月に買った百合漫画のレビューと、過去の名作百合についてちょっと語ろうかと思います。

「悪戯ちょうちょ(2)/綾瀬マナ」と「星川銀座四丁目(3・完)/玄鉄絢」、既刊作から「エンドレスルーム/藤が丘ユミチ」。

・「悪戯ちょうちょ(2)/綾瀬マナ」
悪戯ちょうちょ(2)

悪戯ちょうちょ(2)
著者:綾瀬マナ
価格:630円(税/送料込)


いきなり2巻のレビューってのも難しいので簡単な概要を書けば、音楽学校のピアノ科と声楽科に通う2人の片思い系百合話です(雑)
1巻読んだ限りではそれほどでもないかな、と思ってたんですが、2巻で一気に熱い展開になりました。
これは1巻でもそうだったんですが、作者さんの音楽的な感性から来ているらしい情熱的な描写が、そのまま多感な少女達の一喜一憂に結びついていて、作品として熱いのは勿論の事百合的にもかなりオイシイ。
1巻ではその情熱がやや空回りしている感があったんですが、2巻は内面描写に重点が置かれていて、それが心情に重みを与えています。
百合的には満点な作品ですね。片思い、友情と愛情のすれ違いは百合的にはよくあるテーマですが、音楽と絡むことで他には無い強い情感が生まれています。
百合作品を作る上で毎度問題になる、百合の不純物化(※)を乗り越えているのも素晴らしい。
あと、百合単行本としては値段も安い(笑)
ガルフレを生み出したコミックハイ!、流石です。

※百合が作品から浮いたり、或いは百合を強調するあまりその他のテーマがスカスカになったり、という状態


・「星川銀座四丁目(3・完)/玄鉄絢」
星川銀座四丁目(3)

星川銀座四丁目(3)
著者:玄鉄絢
価格:980円(税/送料込)


星川、終わっちゃいましたねぇ。
玄鉄絢の「少女セクト」以来の単行本ということで、かなり期待度の高かった作品だと思いますが、他ではどういう評価がされてるのか。
私は「セクト」未満だとは感じましたが、少なくとも「つぼみ」の中では常に上位に入る作品だったと思っています。
「セクト」にあった叙情的な雰囲気から一転して、「星川」では初めから最後まで家庭的で現実的な空気に包まれています。
この変化をどう捉えるかで、評価が変わってくるものと思います。私には少し合いませんでしたが、決して嫌いでは無かったといったところです。
玄鉄先生が描きたかったもの、百合を特殊なものとせず、まさに現実的な題材にしようという試みがあったのではないかと思います。こういう発想は百合をセクシュアルマイノリティであり身近な問題として捉えようとする女性作家の方に多いと思うんですが、玄鉄先生はその点においていい意味で異質ですね。
「星川」では先生と教え子という年齢と立場の差、そして何より同性との恋愛である事を乗り越える為に奮闘する訳ですが、養子だったり里親制度だったり、建築士になる為の進学など、どこまでも現実的な手段で解決を目指しています。
百合をただのイチャラブにするのは簡単ですが、この「現実を乗り越えた先の百合」というのが、新しい百合の到達点を提示しているように感じました。


・「エンドレスルーム/藤が丘ユミチ」
エンドレスルーム

エンドレスルーム
著者:藤が丘ユミチ
価格:890円(税/送料込)


藤が丘ユミチ先生は別名義で少女漫画を書いてらっしゃるようですが、ぜひまた百合を書いていただきたい。
個人的に「つぼみ」は巻が進むにつれて見所がなくなっていった感のあるアンソロだったんですが、その中でこの「エンドレスルーム」は毎号楽しみにしてました。私が「つぼみ」を買いだしたVol.6でちょうど連載が始まってて、これが終わってからのつぼみは萌えな方向にどんどんカラーが変わっていってしまった印象があります。玄鉄先生や鈴木有布子先生、大朋めがね先生、水谷フーカ先生辺りは雰囲気のある作品を描いてらしたんですが、一抜け二抜けでしっかりした漫画を描ける人が減ってしまったなぁと。(「GIRL FRIENDS」の森永みるく先生や「最後の制服」の袴田めら先生など、百合界のビッグネームは軒並み「つぼみ」では不発でしたし)
「エンドレスルーム」は地下にスイートルームを持つちょっと変わったホテルの、ちょっと変わったお客さんと従業員が繰り広げるほんのり百合ストーリー群です。
私が作品を評価するときの基準は①「作品として(漫画なら漫画として、小説なら小説として)面白いか」②「キャラが立っているか」が主で、百合の場合はそこに③「女同士の関係として描けているか(男女や男同士で代替できてしまわないか)」という基準を加えて3本柱で評価しています。(多分)
この作品は①②は言うことなし、③はちょっと難しいですが(キサラギさんがキザ男っぽい)、実際あれが男ならふつうに問題になるのであって、女だからこそ作品に雰囲気が出てるんですよね。という事で③も問題なし。
よって総じて高評価です。
もし藤が丘先生がまた百合を描くなら、(「つぼみ」はもうないので)「ひらり、」か、白泉社繋がりで「楽園」か、どちらかだと思うんですけど、百合漫画編集部の方々にはぜひこの逸材の事を頭の片隅に置いておいていただきたいですね。
先々月は百合姫中心に語り、今(先)月はつぼみ中心に語ったので来(今)月はひらり、を語りましょうかね。

今回はこの辺で。

テーマ : 百合漫画
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

鈴屋弥平

Author:鈴屋弥平
東方考察(妄想)がメインテーマ。
pixivに投稿した絵の評価がやっと100点に乗った程度の画力
リンク、引用はご自由に。ひとこと添えてくれるとちょっと喜びます。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ランキング
にほんブログ村 ゲームブログ 東方Projectへ
にほんブログ村 漫画ブログ 百合漫画へ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
アフィリエイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。